blog
- ブログ -

新撰組でエンゲージメントフォト♪

 

今回はとっても楽しいエンゲージメントフォトの撮影をご紹介します♪

ばばん!

 

IMG_0002

なんと、新撰組のコスプレ!なんじゃこりゃ〜!

こちらのお二人は歴史好きが共通の趣味で交際が始まったカップル、「一番私達らしいスタイルで写真を残したい!」とのことで、お二人が大好きな新撰組の格好をして写真を撮りました!

 

 

二人のケータイでもたくさん写真を撮りました♪

IMG_0003

 

ロケーションも衣装もバッチリです!

IMG_0004

 

とっても楽しそうな表情!二人にとって、これが価値のある写真なんです♪

IMG_0009

 

街並みが完全にお江戸でした。笑

IMG_0011

 

リアルお団子食べさせ合っちゃったりなんかして♪

IMG_0012

 

街を見廻る新撰組をイメージしたけど、二人だと可愛くなっちゃいますね♪

IMG_0016

 

どんな格好でどんな場所でも、二人にとって意味があればエンゲージメントフォトとして成立してるでしょ?

IMG_0019

 

この写真を二人の孫が見たら「おじいちゃんとおばあちゃんはサムライだったの!?」ってビックリするんだろうな〜とか思いながらニヤニヤしてシャッター切ってました。笑

IMG_0021

 

 

いかがでしたか?個性的なエンゲージメントフォトでしたか?

僕はあまりそうは感じていません、逆にエンゲージメントフォトのことを皆さんは本当に理解していますか?ウエディングフォトもまた然りです。

 

Instagramの流行で、沢山の写真が見れるようになりましたが、大事なのは、ポージングでもロケーションでもなく、二人にとっての意味です。

 

エンゲージメントフォトのルーツは、欧米のフォトグラファーが、ウエディングフォトを撮影する前のカメラテストから始まったと言われています、そしてそこから、結婚する前の、飾らない二人の写真を残そうというところからエンゲージメントフォトという撮影が生まれました、撮影する場所も、二人の初めて出会った場所や初デートの場所など、二人にとって思い出の場所で撮影するのが正しいエンゲージメントフォトです。

 

こちらのお二人は、お打ち合わせの時点で、新撰組の格好をして撮影したいと話していましたが、それはふざけているわけでも、ただコスプレをしたいわけでもなく、歴史好きという共通の趣味から交際がスタートした二人にとっては、これが飾らない自分たちで、意味のある写真なのです、こちらのお二人はエンゲージメントフォトをきちんと理解した上で僕に撮影を依頼してくれました。

 

ウエディングフォトも同じことが言えますが、Instagramを見て「こういう風に撮りたい!」と真似するのもいいのですが、その人がどうしてそういう写真を撮ったのかを理解して、自分たちだったらどういう写真を撮るか?を考えて写真を残すと、より価値のある写真になると僕は考えています。

 

写真は残すものですし、残るものです、自分たちだけでなく、自分たちの子供や孫にも伝えられて行きます、その時に写真からその人がどういう人かを伝えることができるのです、「パパとママは面白いことが大好きなんだね!」とか「おじいちゃんとおばあちゃんは○○が好きだったんだね!」など・・・

 

しかしそれが、誰かの真似をした写真だった時、どうでしょう?あなたの人柄を伝えられますか?

 

ちょっと気難しい話をしてしまいましたが、ずっと残り続けるものだから、形や、周りにいいと思われたいとかではなく、あなたらしさを大切にしてください、そしてそれを僕に伝えてください、あとは僕が、素敵に、楽しく、美しい写真を残します。

 

撮影のご依頼、お待ちしています。(^ω^)

 

過去の作品一覧はコチラ
栃木の出張撮影は
キタノフォトオフィス
HP: http://www.kitano-photo.jp
mail:info@kitano-photo.jp
TEL: (028)659-5959