column
– コラム –

結婚式の歴史

純白のウエディングドレス白無垢を着ることは、女性にとっての憧れです。素敵な男性と巡り会い、結婚式を目前に準備に忙しくされている方もいらっしゃるでしょう。ここでは、日本の結婚式の歴史についてご紹介します。

– 始まりは平安時代 –

日本で結婚披露宴のようなものが始まったのは、平安時代と言われています。この頃は、男性が女性の家に通いつめる「通い婚」という風習があり、男性が女性のもとに3夜連続で通わなくてはなりませんでした。その間女性は夫となる人とそのお供をもてなし、3日目に露顕(ところあらわし)という宴を開いていたそうです。これが現在の披露宴に当たるものだとされています。

– 江戸時代の祝言(しゅうげん) –

江戸時代には祝言という形式で、家で行う結婚式が主流でした。身内と仲人だけの簡素なもので、結婚生活初日の夜9時頃から行われていたそうです。武家は結婚と同時に嫁ぎ先で暮らす「嫁入り婚」、一般市民は婿が妻の実家で生活する「婿入り婚」が一般的でした。この時期から結婚は、家と家の結びつきという考え方が定着してきたそうです。

夫の家に嫁入りした場合は姑から家事全般を任され、この際に身内を招いて嫁のお披露目とし、祝いの宴会を開いたとされています。

– 正式な結婚式は明治時代から –

今日のような神前式が始まったのは、明治33年に皇太子であった大正天皇と九条節子姫のご婚礼からだと言われています。当時の新聞で全国的に紹介されたことをきっかけに一般市民に広まり、現在の神前式に定着したとされています。この頃には、宗教の自由が憲法により保証されたこともあり、結婚のスタイルは多様化されるようになったそうです。

現代では、海外挙式やリゾート挙式、レストランウエディングなど、多種多様の結婚式スタイルがあり、自由や個性を求めている方が増えてきています。

栃木県に所在するキタノフォトオフィスでは、ウエディングフォトやムービーの撮影依頼を承っています。オリジナルレイアウトによるアルバム作成も受けつけており、ひとつひとつ丁寧に手づくりさせて頂きます。
日本全国はもちろん、海外への出張撮影も行っておりますので、納得のいくポーズや表情で最高のウエディングフォトに仕上げたいという方は、ぜひキタノフォトオフィスにお任せください。前撮りを和装で撮影したいとご希望の方にもおすすめです。


Address
〒321-0152 栃木県宇都宮市西川田3-19-11
Phones
028-659-5959
Social

お問い合わせ